「ときわ会作品展」開催

<全体行事> 作品展実行委員会

生涯現役ときわ会作品展を、7月18日(木)から21日(日)の4日間、パレット柏の市民ギャラリーにおいて、柏市、我孫子市、松戸市、流山市の各市教育委員会の後援を得て開催しました。

2017年7月の開催のあと2年ぶりの開催で、作品を提供する活動グループの会員の作品展示と、ときわ会会員への作品発表の場の提供、併せてときわ会活動の周知を図り、会員増を期して作品展を開催することとしました。

前回は、初めての市民ギャラリーでの作品展ということもあり、出品料は無料としましたが、会場費等の負担のため今回は一人1500円の出品料をお願いしました。それでも不足した分は、ときわ会からの補助で賄いました。

HP写真パソコンクラブ.jpg

HP写真クラブ.jpg

HPパレットクラブ.jpg

HPはがき絵の会.jpg

HPわかば俳句会.jpg

HP個人出展ちぎり絵とはがき絵.jpg

個人出展 ちぎり絵とはがき絵(上の写真)

HP個人出展 水彩画.jpg

個人出展 水彩画(上の写真)

HP個人出展 写真と書.jpg

個人出展 写真と書(上の写真)

作品は、活動グループでは、パソコンクラブが出品者1名、作品3点、写真クラブが6名、14作品、パレットクラブが7名、15作品、はがき絵の会が10名、40作品、わかば俳句会が10名、20作品、個人出品は出品者18名、作品は油彩、水彩、パステル、ペン画、日本画、墨彩、ちぎり絵、はがき絵、水墨画、写真、書、木彫り、陶器、短歌、俳句の30作品、活動グループの会員と合わせて全体では42名、122作品が出品されました。また、ときわ会活動を周知するため、ときわ会の栞の表紙の拡大印刷物、活動グループ紹介パネルをときわ会スペースとして掲示しました。

作品展が、パレット柏という駅に近いギャラリーの開催であったこと、各市教育委員会の後援を得て、各市の広報誌で紹介されたこと、会員各人がPRに努めたこと、パレット柏が参議院選挙の期日前投票の会場になったことなどで1916名(前回の1.7倍)と多くの来場者を迎え、多くの皆様から素晴らしい展覧会だったとの感想をいただき、大きな成果を上げることが出来ました。

作品展と期間中の7月19日に開催された活動展を観て、ときわ会に関心を持って頂いた方のために、7月25日にパレット柏で入会説明会を開催しました。6名の方が参加し、3名の方が入会されました。

作品展にあたり多くの皆様の参加とご協力をいただきました。心からお礼申し上げます。ありがとうございました。

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、editorが2019年11月12日 15:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「明日もあるさ会」in アミュゼ柏」です。

次のブログ記事は「「ときわ会活動展」開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。