フレンドリーシンガーズ第6回演奏会

<全体行事> フレンドリーシンガーズ主催

昨年9月28日(土)新設のスターツおおたかの森ホールにおいて、第6回の演奏会を、指揮大門康彦、ピアノ榊原道子、生涯現役ときわ会の主催、柏市、流山市、松戸市、我孫子市の各教育委員会および柏市合唱連盟、JCDA日本合唱指揮者協会、大門コーラスファミリーの後援を得て開催しました。当日は晴天に恵まれ477名のお客様にご来場いただき、大盛況の演奏会となりました。演奏会がときわ会全体行事として開催されたことを受けて受付や会場係には、ときわ会の正副代表、世話人やわいわいクラブの有志、一般会員の有志の方のご協力を頂き、ステージマネージャーは第5回と同じ長島さんにお願いしました。ホワイエ(ロビー)にはときわ会活動の概要をパネル展示しました。

開場前の行列.png

ときわ会の活動掲示.png

演奏は最初、ロングロングアゴーをフレンドリーシンガーズ版の詩に替えてハミングで4グループに分かれて登場し、全員揃ったところで、合唱するというスタイルで始めました。この登場の仕方がとても良かったとの感想を頂きました。そのあと第1ステージ<素敵な歌への誘い>と題して、「きみ歌えよ」からスタート。演奏後森団長から、来場のお礼、今成から次の3曲を紹介、「あの素晴らしい愛をもう一度」「島唄」「君をのせて」を続けて歌いました。第1ステージ最後はウインナワルツの名曲「美しく青きドナウ」を高らかに歌いました。このあと一旦舞台袖に退場し、次のステージ用に着替えをしました。

1ステージ第.png

1ステージ<素敵な歌への誘い>

第2ステージは、<混声合唱とピアノのためのイタリア歌めぐり>と題してイタリアの名曲を歌いました。衣装は、女声が白ブラウス、第1ステージに付けていた青のコサージュを外し、イタリアンスタイルのリボンテープを付け 男声は第1ステージの青ネクタイをイタリアカラーの赤ネクタイに替え、更に白ブレザーを着用しその中に虎のパンツを隠して入場しました。

虎のパンツ.png

副団長の岩井が次の3曲を紹介。「サンタ・ルチア」「女心の唄」「帰れソレントへ」を続けて歌いました。次の2曲は三浦(喜)が紹介、「フニクリ・フニクラ」は趣向がある旨紹介されました。「わが太陽」のあと「フニクリ・フニクラ」。歌の途中でくるっと回転し予め履いていた虎のパンツを見せて、歌いました。歌い終わって満場喝采。大門先生も虎のパンツを見せてまた喝采。大いに楽しんで頂けました。

第3ステージは、<会場の皆さんとご一緒に>。中川、山村、宮永、大久保、石郷岡が舞台中央に、他の人は客席の両階段と舞台袖に分かれて次の2曲「高原列車は行く」「見上げてごらん夜の星を」を、手話を取り入れた中川の指導で会場の皆さんと一緒に歌いました。皆さん手振りをしながら、会場一杯に広がる大きな声で歌って楽しみました。

手話.png

お客様も手話.png

次いで大門先生がインスタントコーラスと題して、会場の皆さんを巻き込んだステージを披露。まず「春が来た」と「夏は来ぬ」を会場の皆さんを二つに分けて、同時に歌いました。ぴったり同時に終了。次いで先の二つに「ジングルベル」をラララで歌うのを加えて、会場の皆さんを3グループに分けて同時に歌い出し、これもピッタリ同時に終了。大いに盛り上がり会場の皆さんに喜んで頂きました。

第4ステージは、混声合唱組曲「水のいのち」。?田三郎作曲、高野喜久雄作詩の混声合唱の名曲で、合唱をやっている人なら一度は歌いたい合唱の名曲です。女声は青ブラウス、青スカート、男声は黒スーツ、黒ズボン、黒蝶ネクタイというフォーマルな衣装で歌いました。雨が降って水たまりになり、川になって海へたどり着き、海から水が蒸発してまた雨となって降るという人生の輪廻転生を描いたような曲で、歌っていても感動する名曲で、お客さんに大きな拍手を頂きました。

第4ステージ.png

第4ステージ 混声合唱組曲「水のいのち」

盛大な拍手を受けて、アンコールを2曲披露。「ケヤキ」と「君に会えて」。「君に会えて」は最初の曲「きみ歌えよ」に対するもので、「きみに会えてよかったね」と来場の皆さんへの感謝を込めて歌いました。

 ホワイエに出てお客さんをお見送りした際には、皆さんから感動した、楽しかった、素晴らしかったとの感想を頂きました。154枚ものアンケートを頂き、「混声合唱の美しい素敵な音色に気分がさわやかになりました」、「インスタントコーラスが楽しかったです」「ステージ構成がとても良かった」「次回を楽しみにしています」などの嬉しい声も頂きました。

 打ち上げは近くの「徳樹庵」、先生方やお手伝い頂いた有志の方も参加して、開放感に浸りながら、これまでの精力的な練習を振り返り、今日の大盛況の演奏会の思いを語り合いました。この大好評の演奏会を糧として、これからも練習に励んでいきたいと思います。

     フレンドリーシンガーズ第6回演奏会実行委員長  今成 紘


アーカイブ

このブログ記事について

このページは、editorが2020年2月22日 13:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「令和元年ボウリング大会」です。

次のブログ記事は「2020年度定例総会」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。