「明日もあるさ会」皆で歌おう in アミュゼ柏

<全体行事> 交流促進部会

 平成29年6月5日(月)はカラッと晴れた好天気。参加者は、過去最高の130人。会員と一般が

65人ずつ。女性が91人と多かった。アミュゼ柏1階プラザはほぼ満員。準備体操を兼ねてフリ

付き「高原列車は行く」でスタート。

 4月に亡くなったペギー葉山特集として、「学生時代」「南国土佐を後にして」「ドレミの歌

(フリ付き)」を歌った。替え歌の「ぼけます小唄」はボケ予防の教訓歌のようで皆さん身に

つまされるように歌った。

 前半最後に、ときわ会の混声合唱団「フレンドリーシンガーズ」の24人が、「茶摘」

「夏は来ぬ」「知床旅情」を演奏した。後半は、TOMACの笹嶋ご夫妻のショートマジックで

スタート。いつもながらの軽快なワザとトークで和ませてくれた。               

 リクエスト曲を選んで次々と歌って行くうちに予定した2時間はあっという間に過ぎて

しまった。最後に、テーマソングでもある「明日もあるさ」を歌ってお開きとなった。

いつもながら、皆様方のご協力に支えられお陰様で楽しい会となりました。

ありがとうございました。

今回は、予想を超えた参加者のため、受付が混雑したこと、歌集が一部不足したことでご迷惑を

おかけしました。次回(11月、小金市民センター)にはこれらの点を改善してより良い会にしたい

と思います。

(写真クラブ成瀬さん提供のスナップ写真集は下に添付されたPDFをご覧ください)

P2 ときわ会活動 「明日もあるさ会」.pdf

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、editorが2017年7月22日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「2017年度「新年祝賀会」について」です。

次のブログ記事は「ときわ会作品展の開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。