平日の会 10月例会

王子稲荷神社・王子神社・飛鳥山三つの博物館  10月15日

コース

王子稲荷神社⇒音無親水公園⇒王子神社⇒飛鳥山三つの博物館

(北区飛鳥山博物館・紙の博物館・渋沢栄一史料館)

    稲荷神社10%縮小.jpg

王子稲荷神社は関東稲荷総社の格式を持ち、江戸時代より庶民に

親しまれてきた。  華麗な拝殿に参拝。

 

王子神社

熊野三社の御子神「王子大神」は「開運除災」の神徳を以て崇敬され、

厄除や家内安全、運気回生に御神威深き神社に参拝

 

北区飛鳥山博物館

3万年の自然・歴史・文化を14のテーマに沿って展示されており、

北区の歴史を見て聞いて体験できる。

 

紙の博物館

明治6年(1873年)王子村に渋沢栄一によって抄紙会社が設立され、

日本の製紙工業の先駆的な役割を果たしたわが国の洋紙発祥地に建つ

世界有数の紙専門の博物館。

 

渋沢栄一史料館

日本の近代経済社会の基礎を築いた渋沢栄一が、かつて住まいとした

飛鳥山での事蹟と思想を実業史的観点からひも解く博物館。

隣接の旧渋沢庭園に現存する大正建築(国指定重要文化財)も観ることが

でき、一同充実した一日を過ごすことができた。

 

 

 

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、editorが2010年10月19日 16:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「芋煮会」です。

次のブログ記事は「秋の一日歴史と文化を訪ねて≪岩槻≫」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。